私が現在代表を務めさせていただいているNo Markという若手地方議員の会で「武蔵野プレイス」に視察にいきました。

武蔵境駅の正面、農水省食料倉庫跡地の約2200㎡という土地を、図書館を中心に生涯学習センターや青少年活動センターなどの複合的な機能を持った施設として活用されています。いまでは年間175万人もの来場者があるということで、街の活性化にもつながる施設に。

建物は曲線を用いたモダンなデザインも目を引きますが、とても居心地の良い空間の中にカフェやスタジオ、ワーキングスペースなど、老若男女集える場所になっていました。なにより、平日の午後にも関わらず超満員。たくさんの方がくつろいで勉強や読書などされていました。
府中基地跡地も先日跡地利用計画素案が出されました。立地も面積も違いますが、子どもからお年寄りまでが「集える場所」を作ることは街の活性化に繋がるという良いお手本を見させて頂きました。

お忙しい中、視察を受け入れて頂いた武蔵野市の皆さま、ありがとうございました!

輪転機や折り機などもあり、市民活動を支える施設が充実

子どもたちが自由に使える空間。奥にはスタジオやカップラーメンを食べるためのお湯まであります!